「価格から選ぶ婚約指輪」

婚約指輪の相場は給料の3カ月分」というフレーズは、
1970年代に作られたキャッチコピーで、今ではあまり当てはまりません。

実際の平均相場はというと、平均で36~38万円、
一番購入者が多い価格帯も30~40万円といったところでしょうか。

勿論、この価格より高いのを選ぶ人もいれば、安いのを選ぶ人もいます。
この価格で、十分なブライダルジュエリーブランドの平均的なリングが買えます。

ちなみに、婚約指輪の値段を決める要素は、中石であるダイヤモンドによって十分に変わりますので、
予算や好みに合わせて選べますから、予算がオーバーしてしまうという場合でも、
ダイヤモンドのグレードを交渉したり、リングを変えることで選ぶことができます。

しかし女性は、自分の好きなブランドやデザインがはっきりとしています。
サプライズもいいのですが、特に婚約指輪などでしたら、結婚式までだけで終わらせてしまうのはもったいない、
普段の生活でも特別な日が来る時には付けたい、
一回きりで仕舞い込みたくないという、特別な指輪だから仕舞い込みたいと考える女性ばかりではありません。

しかも婚約指輪だからといって思い出にするようなこともないのです。
ですから指輪のデザインやファッション性のほうが、ある意味値段よりも重視するべき点になるのでしょうし、
男性も贈ったものを大事に身に着けてくれるのは嬉しいことではありませんか。

婚約指輪を購入しようと考えている男性は、金額よりもまず、
彼女が婚約指輪をどのように扱いたいのかを知って、好みも知りましょう。

アクセサリーなどは、自分のために着ける要素が多い分、その人の好みが反映しやすいといえるでしょう。
特に指輪などは自分で眺めることが多い装飾品ですから、
どんな傾向が好きかなどは、デートでのショッピングなどから推察することができるでしょう。

もしサプライズにするのでしたら、彼女の好みをチェックすることがもっとも大事なことでしょう。
また、 エンゲージリングのデザインについては、こちらの解説ページもとても参考になりますので、よかったらご覧になってみてくださいね。

ページのトップへ戻る