素材で選ぶ婚約指輪

婚約指輪の素材とはダイヤモンドなどの宝石のことではありません。

ある意味、もっとも肝心なリングのことを指します。
プラチナが最も人気があり、高級感のある輝きを持つリングで、
白金とも呼ばれており、高級感のある白い色をしています。

加工性に優れており、長い年月を肌に着けていても、汗などで変色したり錆びる心配がありません。
また肌にも優しいのでアレルギー反応を起こしにくい金属でもあることから、
ブライダルリングの素材として人気のあるといっても良いでしょう。
なんといっても何年たっても色あせない=永遠の愛を誓うという意味に捕えられ、人気が高いのです。
こちらのサイトの婚約指輪の素材についての解説も参考になさってみてください。

ホワイトゴールドは、純金に白色貴金属を含有させることによって、
色を白くしたゴールドに、ロジウムという金属で表面をコーティングしているプラチナよりも傷が付きにくい素材となっています。
その明るい輝きから、欧米では結婚指輪としてプラチナよりゴールドの方が人気があります。

他にゴールドと言えば、黄色いゴールドのイエローゴールドや、
最近ではピンクゴールドやグリーンゴールドなど、実に様々な色合いのゴールドリングが出てきています。

またhttp://www.unitedwaywillcounty.org/にも書いてあるように、
一番人気はイエローゴールドで、腐食しにくいのが人気の秘密です。
実はホワイトゴールド、ピンクゴールド、グリーンゴールドなどは、
金の他に他の貴金属を混ぜているので、様々な色になるのですが、
他の金属と混ぜ合わせてしまう分、腐食してしまうのが早かったり、
アレルギーを引き起こしやすくなってしまう可能性まで起こるのです。

プラチナは比較的アレルギーを起こしにくいのですが、個人によっては起こることもあります。
プラチナやゴールド以外にも、アレルギーフリーで有名なジルコニウムや、
希少価値の高いパラジウムを使用したパラスなどもありますので、アレルギー反応がある人は店員などにご相談ください。

一生に一度の婚約指輪ですから、ずっと着けることができるものがいいでしょう。
こちらのサイトではダイヤモンドのデザインとリングの形について詳しい解説が記載されています。
ページのトップへ戻る