オーダーメイドでつくる婚約指輪

オーダーメイドで作る婚約指輪は世界でたったひとつだけのものになります。

宝石や石を選び、フォルムを選び、デザインや組み合わせを選び、
彫刻に、結婚指輪とのセットリングなどを合わせて、オーダーメイドの指輪が出来るのです。

本当に一からの手作りの場合はもっと細かなことまで決めることになりますし、
店によって宝石や石、デザインやフォルムなどは違いますから、
店選びの時点からオーダーメイドの指輪作りははじまっているといってもいいのかもしれません。
こちらのサイトに エンゲージリングの賢い選び方について、詳しく解説されているページがありました。

宝石や石の組み合わせですが、これも様々な色のダイヤモンドを使ったり、
自分たちの誕生石を使ったりと自由に選ぶことができます。

婚約指輪の一般的なデザインがこちらで紹介されているので、
基本を参考にしてオリジナルデザインをプラスしていくと良いと思います。

例えば表はダイヤモンドでも内側の見えないところに誕生石を使ったり、
表は女性の誕生石で内側に自分の誕生石を使ったり、
誕生石同士が引き立てあうような場合は表に2つ並べたりしてもいいでしょうが、
組み合わせが悪い石の場合はお店の人によく聞いた方がいいでしょう。

またデザインもある程度はプロがデザインしているとはいえ、
目移りしてしまうほどのデザインは揃えられています。
自分が選んだ石との組み合わせもありますので、
ある程度の似合う候補を選んでもらい、そこから決めるのがいいでしょう。
自分の好みもありますが、相手の女性の好みの傾向は忘れないでください。

そして調刻はイニシャルや送りたい言葉、記念の日などと、自分たちだけのものです。
これだけで本当に完全なるオリジナルになるといってもいいでしょう。

そして結婚指輪とのセットリングですが、
こちらをしてしまうと結婚指輪までオーダーメイドになってしまいますので、サプライズに向きません。
婚約指輪は贈られても、さすがに結婚指輪は一緒に選びたいという女性は多いはずです。

勿論、結婚後に結婚指輪と婚約指輪が綺麗にまとまって見えて付けていられるリングというものは嬉しいものです。
ですが、ずっとはめておく指輪だからこそということも考えてください。

ページのトップへ戻る