オーダーメイドでつくる婚約指輪

オーダーメイドで作る婚約指輪は、世界でたったひとつだけのものです。
オーダーメイドで出来ることは大きく分けると、宝石や石を選ぶこと、フォルムを選ぶこと、デザインや組み合わせを選ぶこと、彫刻に、結婚指輪とのセットリングなどです。
本当に、一からの手作りの場合はもっと細かなことまで決めることになりますが、だいたいのオーダーメイドで決めるのは細かな違いはあっても同じでしょう。
勿論、店によって宝石や石、デザインやフォルムなどは違いますから、店選びの時点からオーダーメイドといってもいいでしょう。

宝石や石の組み合わせですが、これも様々な色のダイヤモンドを使ったり、自分たちの誕生石を使ったりと様々に選べます。
例えば表はダイヤモンドでも内側の見えないところに誕生石を使ったり、表は女性の誕生石で内側に自分の誕生石を使ったり、誕生石同士が引き立てあうような場合は表に2つ並べたりと、様々な組み合わせができます。

またデザインもある程度はプロがデザインしているとはいえ、目移りしてしまうほどのデザインは揃えられています。
自分が選んだ石との組み合わせも考えて決めていきましょう。
そして調刻はイニシャルや送りたい言葉、記念の日などと、これだけは本当に完全なオリジナルになります。
すごい人になると家紋まで刻む人もいるというのですから、本当に自由といってもいいでしょう。

そして結婚指輪とのセットリングですが、こちらをしますと結婚指輪までオーダーメイドになってしまいますので、サプライズにするには少し不向きと言えるかもしれません。
さすがに結婚指輪は一緒に選びたいという女性は多いのではないでしょうか。
特に女性は装飾品が嫌いではありませんので、もしそちらの方向で考えていらっしゃるのならさりげなく聞いてみてもいいでしょう。
勿論、結婚後に結婚指輪と婚約指輪が、綺麗にまとまって見えて付けていられるリングというものは嬉しいものです。
ですが、ずっとはめておく指輪だからこそ、ということも考えてください。
ページのトップへ戻る